Jampowのぶろぐ

不安が晴れた

 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

昨日の午前中は2年ぶりくらいに母校の体育館へ行くことになった

 

コロナがうるさくなりだしてから、高校のバレー指導からは離れていた (顧問の先生も変わって、連絡も取りづらくなったりしていたのもある)

ただ、今年のインターハイでバレー部の現顧問の先生と話す機会があった

その先生は以前まで女子バスケの顧問をしていた先生で、バレーの経験が無くて指導ができずに困っているとのこと

 

そのときはまたコロナが落ち着けばいつでもいきますよ~くらいで返事しておいた

そこからまん防が適用されたり、北陸の新規感染者がとても増えたり

2か月ほどたってやっと昨日、練習を見るために体育館へ

 

自分がギリギリ関わっていたのは引退した今の3年生

体育館にいるのは全く知らない世代の生徒たち

はじめにどんなテンションで話しかければいいのか、

生徒はどんな熱量で練習をしているのか

指導者が必要なほどの熱量があるのか?

 

みたいなところを気にしていたけれど、練習内容を見ると

自分たちで考えた練習メニューで工夫しながら練習に取り組んでいた

 

そして、一番気にしていたところが「バレーが好きなのか」ということ

やる気もないけど中学時代にバレーをやっていたからとりあえず部活に入った という生徒はなかなか練習にも身が入らないだろうし

言葉のかけ方や扱いに困る指導者も多いんじゃないかな

 

高校からバレーを始めた子も一生懸命練習していて

一番気にしていた不安点も解消された

どうやらみんなバレーが好きなようだ

 

今月は土日がすべて埋まっているので、平日仕事終わりに行けそうな時に顔を出すくらいになりそうだけれど

まずは全員の顔と名前を覚えることが優先、そして次に話しやすい (相談されやすい) 関係を作ることが大事だと思う

 

昨日はいつもの練習メニューを見せてもらった後、チームにとって何の練習がいま必要か聞いてみるとすぐに答えが返ってきた

答えの内容については別になんでもよかったんだけど、考えることもなくスッと「〇〇の練習がしたいです!」と返事が返ってきたのは驚いた

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Jampowのぶろぐ , 2021 All Rights Reserved.